1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫【画像有】プロ野球選手の筋肉ランキング!腹筋・胸筋が凄い選手まとめ

【画像有】プロ野球選手の筋肉ランキング!腹筋・胸筋が凄い選手まとめ

プロ野球は、ホームランやピッチングのプレーに目が行きがちですが、選手の筋肉って注目したことありますか?

ペナントレース143試合戦い抜くには、それなりの体力や肉体が必要です。ですので、選手の中にはボディビルダーのような筋肉の選手もいます。

プロ野球選手には、細マッチョタイプが多いので目標とする肉体の選手も多いと思います。

そこで今回は、現役&元現役のプロ野球選手の筋肉に迫っていきますね!基本的に現役選手を選出しました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロ野球選手の筋肉ランキング

独断と偏見でプロ野球選手で、筋肉が凄い選手をピックアップしてみました。

 

1位 糸井嘉男選手(阪神タイガース)

えいぷりさん(@eipri_8ouji)がシェアした投稿


断トツの1位は糸井選手ですね。行動や言動が宇宙人と言われていますが、筋肉もすごいです。

日本のプロ野球選手で糸井選手の筋肉よりすごい選手はいないですね。

上半身・下半身のどの筋肉も無駄がなく、走攻守でハイレベルなプレーを魅せてくれます。

糸井選手は、すごくストイックな性格で練習やトレーニングをガンガン行うところも、肉体の維持につながっているのです。

一見スタイリッシュに見えますが、間近で見てみると迫力がすごくて外国人かと思うぐらい。

特に腕が太く、首位打者を取るほどのバットコントロールの源となっているでしょう。

 

↑2018年1月現在の糸井選手。もう格闘家みたいな筋肉ですね。

2018年で37歳を迎えますが、バリバリチームの中心で活躍できるのもうなずけます。阪神の優勝のためには、超人糸井選手は欠かせません。

糸井選手の筋肉については、以下で詳しく解説しています。

2位 中田翔選手(北海道日本ハムファイターズ)

さくさん(@xxsakuxxsakuxx)がシェアした投稿

今や日本代表の4番に座るまでに成長した、中田翔選手。調子が悪いと言われながらも、毎年ホームランを連発しており、日本を代表するスラッガーです。

ホームランを打てる秘密は、やはり筋肉でしょう。特にすごいのが腕の筋肉です。

丸太のような太さをしており、見るからにパワーが詰まっています。インクラインダンベルカールや逆手懸垂で、上腕二頭筋を鍛えているでしょうね。

 

大泉淳基さん(@junki.o2)がシェアした投稿

これだけの腕の太さですから、プロテインや食事にも気を遣っているはずです。

また、腕だけでなく下半身の筋肉も素晴らしいですね。あれだけの上半身を支えるのですから、それなりの筋肉が下半身にも必要です。

中田選手は膝を怪我した経験があるので、膝周りは特に筋肉をつけているでしょう。そのかいもあり、2018年はホームランキングを狙えるほど量産しています。

eno ☺︎❇︎さん(@m2h_fs)がシェアした投稿

これからは、中田選手のホームランだけでなく筋肉にも注目してみてください。

 

3位 大谷翔平選手(エンゼルス)

今や、日本だけでなく世界中から注目されている大谷翔平選手ですが、筋肉もすごいんです。

スラっとしたイメージですが、緩めのアンダーシャツを着ていてもわかる胸筋は素晴らしいです。

また、想像しているよりも上腕も太くたくましいですね。メジャーで二刀流を成功させるなら強力なフィジカルは最低条件ですからね。

もちろん、上半身だけでなく下半身の筋肉も素晴らしく、165km投げても怪我をしない肉体になっています。

193cmも身長がありながら、これだけの筋肉を持っているのは正直羨ましいです・・・

ぜひ、メジャーで二刀流を成功させてほしいです!

 

4位 松井稼頭央選手(埼玉西武ライオンズ)

松井稼頭央選手と言えば、やっぱりトリプルスリー(3割30本30盗塁)のイメージが強いですよね。

30盗塁を決めれるぐらいですから、足はすごく速いです。足が速い人は、細身で筋肉がないように思いがちですが、松井稼頭央選手は違います。

 

画像を見たらわかるように、腕・胸の筋肉がハンパないですよね。ユニフォーム姿からは想像できませんが、球界屈指の筋肉マンです。

ですから、筋肉をつけすぎてスピードが落ちるということはありません。

むしろ、強靭な肉体のおかげで40歳を過ぎても球界の一線で活躍できているのです。

自主トレの映像が公開されていたのですが、タンクトップが似合う肉体でしたね。

2018年から古巣西武に復帰しましたが、ぜひ走攻守で活躍してほしいです。

 

5位 柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)

柳田選手は、フルスイングが持ち味の選手です。

松井稼頭央選手と同じくトリプルスリーも達成したことがあり、身体能力が素晴らしいですよね。

身体能力がすごいということは、それだけ筋肉もすごいです。柳田選手の筋肉の特徴は、全体ですね。

上半身・下半身ともにバランスよく鍛えられており、理想的な筋肉のつけ方をしています。

柳田選手は、腕・胸の筋肉に注目しがちですが腰回りの筋肉も相当鍛えていると思います。

理由は、フルスイングに耐えるためです。柳田選手は体がねじれるほどのフルスイングが持ち味ですよね。

そんなフルスイングに耐えるためには、腰回りの筋肉が重要なんです。柳田選手が日々フルスイングで活躍できるのも、腰回りの筋肉のおかげと言っても過言ではないでしょう。

 

6位 吉田正尚選手(オリックスバファローズ)

N ★さん(@_kkkkk14)がシェアした投稿


2018年、個人的に一番注目してほしいのが吉田正尚選手です。

フルスイングと言えば、柳田選手というイメージがありますが吉田正尚選手も負けていないんです!

吉田選手のフルスイングを一度見たら、病みつきになるぐらい美しいですよ。あの糸井選手に「俺を超える逸材」と言わしめたぐらいの選手です。

そんなフルスイングを可能にしているのが、腕・下半身の筋肉です。太い腕の筋肉が、鋭いスイングを可能にしています。

また、下半身がどっしりしているので体の軸がぶれることなくボールにパワーを伝えられるのです。太もも周りは63cmもあるんですよ。

ただ、フルスイングの反動で腰痛に悩まされています・・・ハンマー投げの室伏広治さんのもとで、腰回りの筋肉の強化を行っているので、今年は期待しましょう!

身長は173cmと小柄ながら、京セラドームの5階席まで運ぶパワーはえげつないですよ。

侍ジャパンの次期4番候補としても注目してください。

 

7位 澤村拓一投手(読売ジャイアンツ)

sachirienaさん(@sachiriena)がシェアした投稿

筋トレ大好きなプロ野球選手と言えば、澤村投手ですよね。150km越えのストレートをバンバン投げ込む、パワーピッチャーです。

人の筋トレを見るのが大好きというぐらい、筋トレ大好きなんです。(笑)

スポーツニュースGoingでも、亀梨くんに筋トレ指導をしていたのを覚えている人も多いと思います。

澤村投手の筋肉は、全部が規格外ですね。腕に注目しちゃいますが、下半身の筋肉がパンパンでヤバイです。

ユニフォームがはち切れんばかりの太さですよ。やっぱりピッチャーをやるなら、下半身の筋肉が一番大事ですね。

澤村投手は、筋トレで常に限界+1回を目標(オールアウトと言います)にしておりそれが筋肥大につながっています。

だから、筋トレするときはちょっと疲れたら辞めるんじゃなく、限界+1回というのを意識してみましょう。

 

 

8位 西川遥輝選手(北海道日本ハムファイターズ)


日ハムの西川選手は、イケメンで有名ですね。

しかし、顔だけでなく筋肉もすごいんです。優しい顔からは想像もできないような、ゴツイ筋肉がすばらしく女性ファンのハートを掴んでいます。

顔も良くて、筋肉もすごいって反則ですよね?(笑)

シックスパックの腹筋もすごいですが、腕の筋肉も相当鍛えていますね。上腕二頭筋の膨らみがすごいので、一発でわかります。

盗塁王も獲得したことがあるので、足にばかり注目が集まりますが上半身の筋肉もえぐいですね。

男性からしても、目指すべき理想的な筋肉ではないでしょうか。

 

9位 金本知憲監督(阪神タイガース)

現役選手だけを選出しようと思っていましたが、筋肉・筋トレと言えばこの人は外せないと思いランクインいました。

金本監督は、現役時代からバリバリ筋トレをしており鋼の肉体を持っています。現在阪神の監督をしていますが、ユニフォーム姿からでも筋肉がわかるほど。

ベンチで腕組しているときなんか、前腕の筋肉が浮かび上がっていますもんね。

筋トレで鍛え上げた肉体があったからこそ、連続試合フル出場の記録も作れたのでしょう。まさに、鉄人金本ですね。

監督になった今でも、タイガースの選手には筋トレの重要性を説いており、選手もがっつり筋トレしています。

金本監督の下で筋トレにがっつり取り組んだおかげで、中谷選手や北条選手が台頭してきましたからね。

筋トレisジャスティスです。

 

10位 西川龍馬選手(広島カープ)

み ゆさん(@ryomaaaa_m.____63)がシェアした投稿


カープの有望株の西川選手も、いい肉体をしています。

日ハムの西川選手ほどではないですが、引き締まった女性が好きそうな細マッチョをしていますね。

腕がほどよく太く、腹筋がしっかり割れています。

2018年の元旦に放送された「最強アスリート元日決戦」を見て、すごい筋肉!と驚いた人も多いんじゃないでしょうか。

実際私も放送を見るまでは、線が細いなぁと思っていましたが、イメージがガラリと変わりました。

余計な脂肪がほとんどなく、西川選手のような肉体になりたい!と思う人も増えたはず。

筋トレ初心者の人は、まず西川選手を目標に頑張るのが現実的でモチベーションも保てるのではないでしょうか。

 

プロ野球選手の筋肉の特徴

プロ野球選手の筋肉は、ボディビルダーのようにガチガチではないのが特徴です。

力を入れなければ、意外とぷにぷにしています。

恐らく、理由は野球には瞬時の判断が必要だから。

野球って0.1秒ほどの瞬時な判断が命運を分けます。そのため、ガチガチの筋肉だと反応が遅れるんですよね。

ピッチャーがボールを投げて、瞬時に振りに行かないといけないのですが、上半身の筋肉がガチガチすぎるとバットが出にくく振り遅れてしまうのです。

だから、筋トレでも筋肥大だけを目標にするんじゃなくて筋力の最大出力を上げることを意識しています。

ベンチプレスだったら6回ぐらいを1セットで組んだり。(筋肥大なら8~12回が一般的)

もし、野球をしているなら筋肥大だけでなくいかに一瞬でパワーを出せるかというのを意識することをおすすめします。

 

プロ野球選手のような肉体になりたいならウエイトは必須

プロ野球選手のような肉体になりたいなら、やっぱりウエイトトレーニングは必須ですね。

自重トレーニングだけじゃ何年かかるかわかりません。できれば、近くのジムでトレーニングをすることをおすすめします。

ベンチプレスやデッドリフトは、腕立て伏せなどの自重トレーニングに比べて負荷が大きいですから。

筋繊維をしっかり破壊しないと、なかなか筋肉は成長しません

それでも時間があまりないという人は、せめてダンベルやプッシュアップバーを購入して負荷を高めましょう。

プッシュアップバーの使い方は以下の記事を参考にしてください。

 

サッカー選手や芸能人の筋肉を見たい人はこちらもおすすめ

 

効率よく細マッチョになるならHMBサプリもおすすめ

→バルクアップHMBプロ公式サイト

トレーニングはもちろん大事ですが、栄養補給も同じぐらい大切です。

プロテインやクレアチン、マルチビタミンなど筋肉を大きくするために必要な成分は多くあります。

その中でも筋トレ初心者におすすめしたいのは、HMBサプリです。

HMBは主に、筋肉の分解を抑えてくれ筋肉の合成を促進してくれる効果があります。

ですので、筋トレの際の筋肉の分解を最小限に留めてくれ結果的に効率よく細マッチョになれるのです。

HMBの中でも特にバルクアップHMBプロがおすすめ。

HMB含有量が業界ナンバーワンの2000mgでありながら、筋トレ時に摂取したいクレアチンやBCAAが一気に摂取できるのです。

筋トレ初心者は、バルクアップHMBプロ一つあれば他のサプリを買う必要がありません。ですので、お財布にも優しいですよ。

毎月300名限定で初回500円で試せるので、気軽に試してみてください。毎月売り切れ必至なので、購入はお早めに!

→バルクアップHMBプロ公式サイト

ランキングから選びたい人は以下の記事を参考にしてください。

参考になったらシェアをお願いします!