1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫風邪を引いた時は筋トレをするべき?逆効果になるのでやめときましょう

風邪を引いた時は筋トレをするべき?逆効果になるのでやめときましょう

風邪を引いたときに筋トレをするべきか?って結構迷いますよね。せっかくいい感じに体が仕上がってきたのに、ここでリズムを崩したくないって思う人もいるでしょう。

私も、高校時代筋トレを3日サボったら取り返すのに時間がかかるとよく言われていました。

しかし、風邪を引いた場合は筋トレはするべきではないです。理由は、免疫が低下して風邪が長引いたり悪化してしまうからです。

では、風邪が治ってどれぐらいしたら筋トレを再開すればいいのかなど、詳細を見ていきましょう。

筋トレをすると風邪を引きやすい原因

筋トレをがっつりしている人は、風邪を引きやすいのです。イメージとしては、体を鍛えると風邪を引きにくい印象ですが、むしろ逆です。

これは、私もびっくりしました。適度な運動は免疫力を向上してくれるのですが、筋トレのような激しい運動は違います。

ちなみに、ボディビルダーは電車に乗るだけで風邪を引いてしまうというのを聞いたことがあります。笑

筋トレをして風邪を引く原因は、激しい運動をすることで筋肉が破壊され、その修復のために免疫細胞が使われてしまうからです。

だから、体内の免疫細胞が不足してしまい、風邪などを引きやすくなってしまうのです。

対策としてグルタミンを摂取

対策としては、グルタミンを摂取することですね。グルタミンには免疫力を向上させてくれる効果があります。

グルタミンはリンパ球、マクロファージ、好中球と呼ばれる免疫を担当する細胞の重要なエネルギー源となります。

また、先にも述べたように、細菌やウイルスの侵入を阻止してくれる腸管絨毛のエネルギーにもなります。出典:グリコ

ですので、ボディビルダーの人も必ずと言っていいほど摂取しています。

また、グルタミンには筋肉の分解を抑えてくれる効果もあるので、筋トレの効率もアップできて一石二鳥ですよ。

グルタミンは、魚や肉から摂取できますが、手っ取り早く摂取したいならサプリがおすすめですね。

 

風邪を引いたときはおとなしく休むのがベスト

風邪を引いたときは、筋トレをするのはやめましょう。

やりたい気持ちもわかりますが、体調がベストでないのに、筋トレをしてもベストパフォーマンスが発揮できず効率が悪いだけです。

さらに、免疫力が低下している状態で筋トレをしてしまうと、余計に風邪がひどくなったり長引いてしまう可能性もあります。

そうなってしまっては、長期間筋トレができなくなってしまい、逆にパフォーマンスが低下してしまいます。

ですから、まずはしっかり休んで風邪を治すことに努めましょう。栄養をしっかり摂って、いっぱい寝て最短で回復できるように、無理は禁物です。

 

筋トレの再開は風邪が完治してから

では、「どこまで回復したら筋トレを再開すればいいのか」気になりますよね。

答えは、風邪が完治してからです。具体的言うと、熱が下がってから3日後が目安ですね。

熱が下がっても、咳が出たり喉が痛い場合は無理せず休むことをおすすめします。治りかけで筋トレをしてしまうと、体に負担をかけてしまい風邪がぶり返す可能性があるので。

筋トレは、想像以上に体にストレスを与えているので、体調が完璧じゃないとすぐに風邪を引いてしまいますよ。

咳が出ても、喉がちょっと痛くても普段の生活には支障はありませんが、筋トレは別物と考えてくださいね。

ですから、焦らず完璧に風邪が治ってから筋トレを再開するようにしましょう。

 

再開したらまずは低負荷から

風邪が完治しても、いきなり今までと同じ負荷で筋トレをしてしまうのはやめましょう。

体がなまっているので、まずは低負荷で体を慣らしてから徐々に負荷を上げていくことをおすすめします。

いきなり今までと同じ負荷でトレーニングすると、怪我をする可能性もあります。

風邪でダウンしていると、意外と体はなまっているので以前の感覚を思い出すために徐々に負荷を上げていきましょう。

 

休んでも思ったほど筋肉は落ちない

誤解しがちですが、筋肉ってそんな簡単に衰えないです。たまに、3日筋トレを休むだけで、回復するまで1年以上かかるっていう人もいますが、そんなことは一切ないですよ。

インフルエンザにかかってもだいたい1週間で治りますよね。その間筋トレできなくても、劇的に筋肉が衰えることはありません。

1ヵ月・2ヵ月筋トレができないとさずがに、筋肉は衰えてしまいますが1週間ぐらいならなんてことありません。

もし、ちょっと衰えたとしても一度鍛えた箇所ならすぐに戻るので心配いりません。一度筋肉が大きくなっているので、戻すのはそこまで難しくありません。

だから、まずは風邪をしっかり治すことに専念しましょう。一番だめなのは、風邪の時も中途半端に筋トレをして風邪が長引くことです。

中途半端な筋トレは、ただ疲れるだけなので先に風邪を治しましょうね。

筋肉の衰えが心配ならHMBサプリを飲むのもアリ

もし、風邪で筋トレができない間の衰えが心配なら、HMBサプリを摂取することを考えてみては?

HMBの効果として、筋肉の分解を抑えてくれる働きがあるので、風邪で寝込んでいるときも筋肉の分解を抑えてくれますよ。

筋肉の分解を最小限に抑えることができるので、安心してゆっくり休むことができます。心配性な人は、ぜひHMBサプリも検討してみてください。

また、HMBサプリには筋トレの効率を上げてくれる成分がギュッと凝縮されているので、最短で細マッチョになりたい人にはおすすめです。

まとめ

  • 筋トレをすると免疫力が低下し風邪を引きやすい
  • 風邪を引いたときは筋トレをしない
  • 再開は風邪が完治してから
  • 風邪で筋トレができなくてもそこまで筋肉は衰えない

多くの人が、風邪の時は筋トレをするべきか悩んでいます。中には、無理に継続してしまう人もいますが、風邪を完治させることが先決です。

風邪で1週間ダウンしても、劇的に筋肉が衰えるわけではないので、風邪を治すことを優先してくださいね。

参考になったらシェアをお願いします!