1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫パンプアップとは?一時的に筋肉に水分が引き込まれて膨らんだ状態

パンプアップとは?一時的に筋肉に水分が引き込まれて膨らんだ状態

筋トレをしていると、「パンプアップ」っていう言葉を知りますよね。

でも、調べてもイマイチわからないという人も多くいると思います。しかも、似た言葉でバルクアップという言葉もあります。

「発音が似ているし意味もだいたい一緒でしょ?」って思うかもしれませんが全然違うんです。

ざっくりと違いを説明しておくと、

  • パンプアップ:一時的に筋肉が膨らむ状態(すぐ戻る)
  • バルクアップ:本当に筋肉が大きくなること(目指すのはここ)

こんな感じです。

では、パンプアップとはなにか、バルクアップとの違いについて詳しく解説していきます。

パンプアップってなに?

パンプアップとは簡単に言えば、筋肉に一時的に水分が引き込まれて膨らんだ状態のことです。

もっと簡単に言うと、筋トレした直後に鏡を見たらちょっとムキムキに見える現象のことですね。

これさえ覚えておけば、とりあえずは大丈夫です。この後、乳酸とかちょっと難しい話が出てきますが参考程度に読んでもらえれば問題ありません。

 

パンプアップはどうやって起こるのか

どうすればパンプアップが起きるのでしょうか?簡単に言うと、筋肉に負荷をかけなければなりません。

なぜならまず筋肉に乳酸が生じる状態を作り出さなければならないからです

ここで重要なのが筋肉の中で乳酸が作り出されるメカニズムを理解することです運動には有酸素運動と無酸素運動があります

実は乳酸は無酸素運動をすることによって多く生み出されます

無酸素運動とは酸素を多く取り入れることのできない状態で行われる運動のことです

つまりかなり激しく呼吸が荒くなるような筋トレをすれば必然的に筋肉に乳酸が増えて行くということです

そしてその溜まった乳酸が筋肉の働きを妨げることにつながるわけですがそうならないために水分が必要になってきます筋肉の働きを正常に戻すためです

水分が筋肉の乳酸や他の物質の効果を和らげるために吸収されていきこぶのような形になりますこの全ての現象が起きたことによってパンプアップにつながります

ですからパンプアップが継続するのも一時的ということができます

筋肉に負担がかかって乳酸がたまらなければパンプアップは起きませんがその負担がかかっている状態が継続することがないからです

睡眠や食事などをして体の調子を整えるよう私たちの体はできていますが筋肉にかかった負担が軽減されればパンプアップの状態も自然となくなることになります

 

パンプアップの継続時間

パンプアップは、だいたい10~20分経てば収まります。一時的な現象なのでそう長くは続かないので期待しないでくださいね。笑

でも、パンプアップするっていうことは筋肉に十分負荷がかかっている状態なので、本当の筋肥大につながります。

ですので、筋トレをする際はパンプアップを目標にトレーニングするというのもいいですね。

 

バルクアップってなに?

バルクアップとは簡単に言えば自分の体重を増やすことです

しかし脂肪などが増えることは意味していません

バルクアップで大切なのは筋肉が成長することによって結果として体重が増えることですつまり体重が増える過程が違うということです。(徐脂肪体重の増加)

私たちが目指すべきは、パンプアップではなくバルクアップですね。

 

バルクアップするために大切なこと

自然の成り行きに任せてバルクアップすることはできません常にトレーニングを栄養を取り入れる過程が必要になってきます

筋肉は簡単に言うと分解と結合を繰り返して成長していきますトレーニングをして筋肉に負担をかけることによって筋肉が分解されます

その部分が栄養を取り入れることにより再び結合しますその再び結合する時に元々あった筋肉よりももっと強い状態になるわけです

しかしよく知られているように筋肉を増やすことは脂肪を増やすことよりも難しいですですからかなりの努力と継続が求められるわけです

例えばバルクアップを目指して多くのスポーツ選手は食事コントロールをしています

最近では食トレと言う言葉をよく耳にすることがありますが食事をコントロールして筋肉に必要な栄養素などを多く取り入れるように工夫している人がいます

サラダチキンなどタンパク質が多く含まれる食品を、多く食べるといった感じです。

それは非常に効果的と言えますプロテインを飲む際にも筋トレを行った後に飲んで筋肉が成長することのできる栄養素をすぐ取り入れることも重要です

どんな食事が自分の筋肉の発達に役立つかどうかをよく知ることもバルクアップには欠かせません

 

結局パンプアップとバルクアップの違いは?

パンプアップもバルクアップも筋肉が大きくなるため同じような症状だと考える人が多くいますしかし実際のところは全く違います

パンプアップは筋肉が大きくなるものの一時的な症状に過ぎないからです

自分の筋肉が大きくなったと感じたとしても筋トレをした時だけであることに気づかされます

しかしバルクアップは本当に筋肉が成長している証ですバルクアップに成功している人は長期的な努力を欠かすことがありません

そして自分の筋肉が少しずつ成長していくことに気づくことができます

パンプアップであれば一瞬こぶのように大きくなりますがバルクアップしている筋肉は一時的な膨らみではありません

体脂肪率を減らして筋肉の量を増やしていきたいと願っているのであればバルクアップを目指して継続したトレーニングと継続した食事コントロールを取り入れて行く必要があります

 

まとめ

  • パンプアップとは一時的な筋肉の膨らみ
  • バルクアップは本当の筋肉の成長
  • 筋トレするならバルクアップを最終目標にする
  • そのためには筋トレだけでなく食事制限も取り入れる

筋肉を大きくするには、筋トレだけやっていては効率が悪すぎます。プロテインなどのタンパク質を摂ったり栄養管理も重要です。

でも、食事だけでは摂れない栄養もあります。そこで、筋肉を効率的に大きくする成分をサクッと摂れるHMBサプリがおすすめ。

タブレットタイプなので、水でサッと飲めますしクレアチンやBCAAなどの成分を一瞬で補給することができます。

ですので、効率よくバルクアップすることが可能になります。

HMBサプリは種類が多いので、ランキング形式で紹介しています。参考にしてください。

参考になったらシェアをお願いします!