1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫筋トレをしたらはげる人とはげない人の違いを解説!

筋トレをしたらはげる人とはげない人の違いを解説!

筋トレをすると禿げるという話を聞いたことがありますか?男性にとっては、かなり恐ろしい話ですよね。

筋トレをしてかっこよくなってモテたい、筋肉をつけて男らしくなりたい、そう思って始めた筋トレで髪の毛を失ってしまったら、と考えると非常に恐ろしい話です。

でも実際に筋トレをすると禿げるというのは本当なのでしょうか?

男性なら誰でも、ウソであって欲しいと願うところだと思います。

ですが、筋トレをすると禿げるという話が少なからず出てくるということは、筋トレをすることと、禿げることにはいろいろ関係があるのかもしれません。

そもそも何故男性は禿げてしまうのか、その理由や、筋トレをすると体の中でどんな変化が起こるかについて詳しく見ていきましょう。

はげる原因とその種類

男性は加齢と共に禿げてしまう人が多くいますが、禿げ方にも様々な種類がありますよね。

それに女性にはあまり禿げてしまう人が居ないのに、男性に禿げが多いのは何故なんでしょうか。

その理由は男性ホルモンにあります。

男性ホルモンは、その名の通り男らしさを保つ為に必要なホルモンなのですが、その中のジヒドロテストステロンというホルモンが禿げを引き起こしてしまうのです。

それを男性型脱毛症『AGA』と呼びます。

このホルモンは発毛のサイクルを短くしてしまう作用を持つ為、分泌量が多い人や、男性ホルモン受容体が反応しやすい人は禿げやくすなってしまうのです。

よく額の両サイドからだんだん髪が後退するように禿げていくM字型禿げの人が居ますが、これはAGAが原因で起こる典型的な禿げ方です。

またAGAであることに加え、生活習慣が乱れていたり、正しい頭皮のケアができていないと、頭頂部からだんだん禿げが進行するO字型禿げと言われる症状を引き起こします。

正しい頭皮のケアをすれば、禿げの進行を緩やかにできますよ。

また、髪の生え際が額の方から全て一律に後退してしまうU字型禿げやA字型禿げは、AGAや生活習慣の乱れだけでなく、ストレス負荷が大きくなることが原因と言われています。

精神的ストレスは、円形脱毛症の原因にもなりますから、できるだけストレスのかからない生活環境や、ストレス解消方を見つけることが大切です。

筋トレではげると言われている理由

何故筋トレをすると禿げると言われているかですが、筋トレをすると筋肉量が上昇し、見た目にも男性らしい体つきになりますよね。

それだけでなく、筋トレには男性らしさを保つ為の男性ホルモンを増加させる効果もあるのです。

その筋トレによって増加する男性ホルモンは、テストステロンと呼ばれます。

これが男性型脱毛症AGAに関係してくるのですが、テストステロンが増加したからといって、直接的に男性の髪が抜けることに作用するわけではありません。

AGAの説明でも申し上げたように、発毛のサイクルを短くしAGAを引き起こす原因は、
ジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。

このジヒドロテストステロンは、テストステロンが変化してできるものなのです。

テストステロンは男性が男性らしさを維持する為にとても大切なホルモンなのですが、加齢と共に、その分泌量はどんどん低下してしまいます。

その分泌量が低下してしまったテストステロンの力を補う為に、テストステロンは5αリダクターゼという酵素と結びつき、より強力な男性ホルモンジヒドロテストステロンへと変化するのです。

だから、筋トレをすることで、テストステロンを増加させてしまうと、男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンが作られる可能性が高くなってしまうということなんですね。

筋トレではげる人はげない人の違い

しかし中にはいくら筋トレをして筋肉ムキムキになっていても、全然禿げていない人、禿げることを気にしてすらない人もたくさんいますよね。

これはどういうことなのでしょうか。

筋トレをすることで、禿げやすくなってしまう人と、そうでない人がいるのです。

これは当然のことなのですが、元々AGAを既に発症してしまっていたり、AGAの疑いがある人は、やはり筋トレをすることで禿げやすくなってしまいます。

AGAの原因となるジヒドロテストステロンが筋トレによって生成されやすくなってしまうのでこれは仕方がありませんね。

 

また、ジヒドロテストステロンがAGAを引き起こす要因は、ジヒドロテストステロンの発毛サイクルを早めてしまう作用にあります。

発毛サイクルが早まると、健康な髪が育ちにくくなり、また髪が新しく生えても、
産毛の段階で抜け落ちてしまうのです。

このことから、普段から髪の栄養が不足してしまっている場合は、
筋トレによって弱った髪が抜けやすくなってしまうということなんですね。

髪を構成する成分は主に、筋肉と同じたんぱく質ですから、筋トレをしすぎて、筋力を増加させる為に多くのたんぱく質が使われると、髪を作る為のたんぱく質は不足してしまいます。

これらのことから、既にAGAである人やその疑いのある人、髪が栄養不足になっている人、普段の食事で十分なたんぱく質の摂取が出来ていない人は筋トレで禿げる可能性が高いと言えます。

筋トレをしてもはげないための対策

どうすれば筋トレをしても禿げないでいられるのかは、筋トレをすることで起こる禿げる要因をしっかり理解すれば必然的に見えてくると思います。

まずは、AGAである場合やその疑いがある場合は、筋トレを行う前に病院に行って治療を始めましょう。

自分がAGAなのかどうかわからない場合は、以下のことが気にならないかチェックしてみてください。

  • 髪を洗うときに髪が抜ける。
  • 髪が柔らかくなったり、細くなっている。
  • 血縁関係のある人に禿げている人がいる。
  • 10代の頃に比べて、全体的に髪の量が減っている気がする。
  • 額の両側が少し薄くなっている。
  • 髪をセットしづらくなった。

どれか1つでも当てはまったら、AGAである可能性があります。気になる方は、筋トレを始める前に、まずは病院で相談しましょう。

また普段から髪が栄養不足にならないように、食事の栄養バランスに注意し、筋トレをする場合は、十分にたんぱく質を摂取するように心がけましょう。

更に筋トレにあわせて、有酸素運動を取り入れることも禿げない為に有効な対策です。

有酸素運動は血行促進やストレス解消となるだけでなく、ジヒドロテストステロンを減少させる効果があると言われているのです。

しかも髪の成長を助ける成長ホルモンの分泌も促してくれるから、筋トレをして禿げない為には、是非有酸素運動も取り入れてみてください。

まとめ

  • 筋トレをすることでジヒドロテストステロンが増加しはげる原因となる
  • 元々AGAの疑いがある人が筋トレをすることではげてしまう
  • 筋トレではげないためにも生活習慣を見直す
  • ジヒドロテストステロンを減少させる効果がある有酸素運動も取り入れる

今回の記事をまとめると以上のようになります。

せっかくムキムキになっても、はげてしまっては意味がありません。ですので、自分はAGAの可能性がある場合は、まず病院で相談することをおすすめします。

 

参考になったらシェアをお願いします!