1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫【筋トレが続かない人必見】筋トレを継続させる方法まとめ

【筋トレが続かない人必見】筋トレを継続させる方法まとめ

筋トレが続かない人は多いと思います・・・

始めたころはいいんですが、気づいたら「仕事が忙しい」「今日はしんどいからいいや」といって辞めてしまう人がほとんど。

そこで、今回は筋トレを継続させる方法をまとめてみました。

筋トレが続かない理由

筋トレが続かない一番の理由は、「結果が出るのが遅いから」これに尽きますね。1日や2日で体に変化が表れるはずもなく、最低でも3~4ヵ月はかかります。

だから、結果が出る前に諦めてしまうのです。

結果が出ないと、本当に今やっているトレーニングが意味があるのは不安になってしまいだんだんトレーニングの頻度が落ちてしまいます。

ですので、初めから「体が変化し始めるのは3~4ヵ月後」と自分に言い聞かせることも大切です。

筋トレの成果が出るのは時間がかかると理解しているだけでも、気持ち的にも楽になりますし継続しやすくなります。

では、具体的な方法を紹介していきます。

 

筋トレを継続させる方法

私も実践している3つの筋トレ継続方法を紹介しますね。

 

ご褒美作戦

まずは、ご褒美作戦です。

「2週間、目標の筋トレができたらステーキを食べれる」というように、ご褒美を設定します。

ご褒美の内容は、自分の好きな食べ物でもマンガを購入するでもなんでもいいと思います。とにかく、自分が頑張れるようなものをご褒美にする方が効果は上がりますね。

私は、「2週間、目標の筋トレメニューができたら欲しい服を買える」みたいになりましたね。

ポイントは、1ヵ月ではなく2週間で目標を設定していました。

1ヵ月だと急な用事が入る可能性があったり体調を壊したりというように、不測の事態が起こるかもしれないからです。

1日でも達成できないと、一気にモチベーションが下がるので長すぎず短すぎない2週間で設定するのがおすすめですよ。

 

ジムに入り強制的に筋トレをする

やはり家で筋トレをしていると、いろいろ誘惑がありサボってしまいますよね。そこで、ジムに通うことをおすすめします。

ジムに通えば、周りは筋トレをしている人ばかりですし嫌でも筋トレをしないといけない環境に身を置けます。

この環境がすごく大事で、強制的に筋トレをしないといけないので言い訳もしなくなります。

また、ジムに入るとお金を払うというリスクを冒すので余計に筋トレに身が入るのです。なにをやっても続かないという人は、環境を変えるのが一番効果的ですよ。

ライザップなんかは、その最たる例ですね。徹底的に管理されるので、言い訳なんかする余地を与えてくれません。

その結果、言い訳せずに継続できるので結果が出るのです。

 

負荷の小さいトレーニングから始める

筋トレの初心者の人って、いきなり高負荷のトレーニングをやろうとしてしまいます。

それでうまくできなくて挫折してしまうのです。いきなり高負荷のトレーニングをすると挫折してしまうしケガをする可能性もあるので、おすすめできません。

ですので、初心者の人はまず負荷の軽いトレーニングからするべきです。慣れてくると、だんだん高負荷のトレーニングに移行しましょう。

最初は継続することが目標なので、「これ余裕じゃね?」っていうぐらいの負荷で十分です。

そして、重要なのは正しいフォームでトレーニングをすることです。正しいフォームでトレーニングをしないと効果がないですし、ケガの原因にもつながります。

だから、最初は継続と効果をアップさせるためにも低負荷でフォームを意識してトレーニングしてくださいね。

 

この記事のまとめ

  • 筋トレが継続できないのは結果が出るのが遅いから
  • ご褒美作戦で筋トレのモチベーションアップ
  • リスクを冒して強制的に筋トレをする環境に身を置く
  • 負荷の小さいトレーニングから始める

筋トレは継続しないと意味がありません。でも初心者の人にとって継続が一番難しいです。

ですので、自分に合った継続できる方法を見つけ出してください。継続さえできれば成果は必ずでるので、試行錯誤してみてください。

参考になったらシェアをお願いします!